【枝豆の剪定方法】枝豆栽培日記~2年目の挑戦~part4

家庭菜園




スポンサーリンク

前回「【枝豆の種を発芽させる方法】枝豆栽培日記~2年目の挑戦~part3」で枝豆が発芽したところまで見てきた。
今回は途中の成長と収穫して食べるところまで見ていこうと思う。

枝豆の剪定のやり方については中盤でまとめてあるので、そちらをご覧いただきたい。

 




スポンサーリンク

発芽から3週間

1列目の発芽率がすごい。

これについては個体差だと思うので、種を多め(1つの場所当たり、2個とか)に植えて、成長している方を残して伸びが悪いほうを摘み取る、みたいなことをすれば綺麗な枝豆畑となる。

 

若葉から新芽が伸びて、さらにそれが葉になって・・・っていう過程を思い出させてくれた。

 

発芽から37日(1ヶ月と1週間)

枝豆っぽくなってきた。

 

ちなみに畑の手前部分の枝豆ゾーン。こちらも5割くらいの発芽率。

 

その1週間後

全体的に大きくなってきた。

 

奥の枝豆ゾーン。

 

またさらに1週間後(29年7月10日)

手前の枝豆ゾーンの発芽しなかった場所にプランター栽培していた枝豆を移し替えた。
折角だったらプランターじゃなくて栄養がある土で育てた方が、しっかり育つからね。

色見たらわかるけど、プランターでは栄養が行き届かなかったみたいだ。

(⇒「【プランター栽培】プランターで種から枝豆を育てる方法part1」)

 

奥の枝豆ゾーンはまあまあ順調。

 

枝豆の剪定方法(※2018年追記)

本当ならここらで剪定をしなくてはいけないのだが、すっかり放置。
次からはしっかりやろう!ということで枝豆の剪定のやり方について書き記しておく

上図のように本葉が5,6枚出てきたら摘芯する。(先端の生長点を切る。)
それと同時に本葉の根元から出てくる芽(脇芽)を伸ばそう

そうすることで、縦の成長をとめ横に広げていくことができる。(実成りが良くなる)

今回はこの剪定を全く行わなかったので、剪定を行わないとどれだけ茂るかを見て頂こう。
(剪定は次年から行う。)
(剪定を行わなくてもそれなりに実が付くから満足ではあるが)

引き続き成長の様子をご覧いただこう。

 

その2週間後(29年7月24日)

手前の枝豆ゾーン

プランターから移し替えた枝豆も順調に育っているようで良かった。

 

奥の方はかなり茂っている。
ちなみに空いているところにトマトを植えた。

 

発芽から3か月(29年8月8日)

手前の枝豆ゾーン

プランターから移し替えた枝豆も色が見る見る間に良くなってきた。

 

奥はこんな感じ。
雑草もかなりモサモサだから取らなきゃいけないんだけど、めんどくさくて放置。

 

結構実が膨らんできたので収穫してみることに!

じゃん!これが初収穫!
甘くて、ほくほくの枝豆を食べることができた。

今回獲ったのはちょこっとで、これから嫌になるくらい獲れると思う。
嬉しい気持ちもありつつ、食べきれるかなという不安もありつつ。

でも獲れすぎたら知り合いにあげればいいからね。

 

最後に

去年に続き、今年も枝豆栽培成功した。
まあ枝豆って結構育てるのがラクチンで、メロンとかと比べると実なんて簡単に成るし、おいしくできる。だから大体成功するかな~。

今年はたくさん植えたので食べ放題みたいな感じなので、少し枝豆への気持ちが冷めてしまった感はある
獲れたての枝豆はマジで甘くておいしいのは間違いないんだけど、たくさん食べると飽きてしまうのだよね。

だから程々に栽培するのがいいかなと思うので、来年は面積少なめにしようと思う。
それでは!

よかったら3年目の畑の様子もどうぞ。

⇒「【3年目の畑計画】子供が好きな野菜をメインに栽培していこうと思う

コメント

タイトルとURLをコピーしました