【間引きとは】間引きのやり方を解説!《はつか大根の間引きを実際にやってみた!》

家庭菜園




スポンサーリンク

今回は大根(はつか大根)の間引きに挑戦した。

といってもそこまで手間取らなかったが、間引きのやり方とその様子を書き記しておく。




スポンサーリンク

間引きとは

間引き(まびき)とは、いくつかの芽の中から「育ちの良い芽」だけを残して取り除いてしまうこと、だ。

間引きの意味について

間引きをすることによって、いくつかの芽に栄養が分配されてしまうところを「育ちの良い芽」だけに栄養を集中させることができる。

その結果、成長が速くなったり、実つきが良くなったり、味が美味しくなったりするわけだ。

(種まきで「発芽しない可能性を考えて2,3粒植えた」という前提がある)

間引きのやり方・手順

では間引きのやり方について見ていこうと思う。

実際に間引きをしてみたので、そちらを参考に説明していく。

今回間引きをするのはこちらの畑。

はつか大根がわっさわっさそだっている。

一か所に何粒も種を蒔いたために、ここまで密集してしまった。

このなかから良く成長している芽1つを残して摘み取っていく。

間引きのやり方については以下の3つの方法がある。

  • 手で引っこ抜く
  • ピンセットで抜く
  • ハサミで切る

一番手っ取り早いのが「手を使って引っこ抜く」方法だが、(ピンセットを使う場合も)根から引っこ抜くので、残したい芽の根が絡まったりしていて、土が掘り起こされた感じになって影響が出ちゃう可能性がある。

なので俺がおすすめするのは「ハサミで不要な芽をきってしまう」方法だ。

つまり

こういう感じでハサミを入れて

チョッキンっと切ってしまう。

切った芽の根は残っているが、そのまま残しておいても全く問題ない。

もし手で抜いたとしても

こんな感じになる。

ハサミで切ったより見た目は綺麗だ。

さらに土で覆ってあげるようにすると倒れづらくなって良い。

※イメージ

この際肥料も軽くあげると、しっかりと成長する。

てな感じで、「手で引っこ抜く間引き」と「ハサミを使った間引き」を場所で分けてみた。

こちらが「手で引っこ抜く間引き

ハサミを使った間引き

間引き後の畑の全体はコチラ

奥のゾーンが手で引っこ抜いた間引きゾーン

手前のゾーンがハサミでちょんぎった間引きゾーン

どういう風に違いが出てくるか楽しみである(多分一緒だと思うが)。

最後に

間引きは作物栽培においては大事な工程なので、適切な間引きを行い芽ををしっかり成長させよう。

実際に間引いたはつか大根の成長を綴ったのがコチラ「【はつか大根の栽培方法】はつか大根の育て方を種まきから解説!

よかったら3年目の畑の様子もどうぞ。

⇒「【3年目の畑計画】子供が好きな野菜をメインに栽培していこうと思う

コメント

タイトルとURLをコピーしました