【ホタテのおすすめ料理方法】美味しく食べよう!殻付きバター醤油焼きの焼き方のコツ

嫁の料理




スポンサーリンク

先日友人からホタテをもらったので、さっそく新鮮なうちに料理してみた。

今回は殻つきのままバター醤油焼きをしてみる。

焼き方のコツみたいなもの(大してないが)を感覚的に分かって頂ければと思う。




スポンサーリンク

早速キッチンで焼く

普通のガスコンロの上に網を乗っけて焼くことにする。(めんどくさがり屋)

網は焼き肉とかに使う網を使用。

まあどこにでも売っている網だ。

 

数十秒火にかけるだけで殻が開くので、上の殻だけを取る。

するとおいしそうな身が露わになるではないか。

 

もはやホタテの汁?うま汁?が出てきてジュワジュワしている!うまそうだ!

 

こちらの特製バターを使う!

 

ずわっしゅ!

 

落下!!

 

さらにジュワジュワ~!!

溶けたバターが少し焼けたような香ばしい匂いが、ホタテと絡み合って俺の口からは既によだれが・・・。

 

お次はこちらの「しぼりたて生しょうゆ」を止めどなく使用する。

おりゃりゃりゃーーー!

 

じゅっじゅわわっわーー!!

う、、うまそう・・・。

ここで1つ注意点を挙げる。

バターやら醤油やら出てきたホタテの汁やらで貝の皿から零れ落ちそうになるのでうまくバランスを取ってね☆

 

そんなこんなで10分もしないうちに

完成でござる。アツアツのうちに召し上がる。

バターと醤油が効いていて最高にうまい。

圧倒的にホタテのうまみを生かすこの調理方法、最強だ。

 

瞬きを3回もしないうちに、俺の目の前のホタテは消え去っていた。

身から貝柱から何から何まで俺はむさぼり食べた。

 

ただ・・・秘儀「うろだけ残し!」

ウロとは・・・ホタテのうんちみたいなもんだと思っていいと思う。

貝毒が集まるところらしいので食べない方が無難。むしろ残した方がいい。

でも、万が一食べてしまったとしても健康に害があるわけではないので安心してホタテを食べよう!

総括(まとめ)

やはり新鮮なホタテは新鮮なうちに食べるに限る!ということで調理したわけだが、予想を上回るおいしさに驚いた。

ただ、2個目を食べたところで「あ~もういいかな~ちょっと飽きたな~」って感じになったので、残りの8個くらいは違う調理方法で食べることとする。

今回は以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました